長く使える羽毛布団は専門業者で打ち直しを依頼しよう

ダブルベッド

羽毛布団の打ち直しは10年以内に

眠っている女性

羽毛布団は綿布団と同じく打ち直しが出来ます。10年以内に打ち直すのが基本ですが、若い方など汗を沢山かく人が使っている羽毛布団はへたりが早いようなので、様子を見て5~8年位で打ち直しをすると良いでしょう。10年を目安に打ち直しをしますが、15年も経つと、羽毛自体が傷み切っているので、打ち直しの効果が表れない場合があります。
これは、買った羽毛布団のランクにも依ります。羽毛布団は大きく4つに分けられます。下のランクから、ニューゴールド、エクセルゴールド、ロイヤルゴールド、プレミアムゴールドの4種類です。ランクが下になると、へたりも早いかもしれません。また、これは羽毛のランクを表すので、その他にも羽毛布団の外側のキルトの縫い方等に依ってもへたりは変わってきます。ですから、10年を目安として、羽毛布団がふっくらせず、温かみも減じてきたと思ったら打ち直しをしましょう。
ランクの高い羽毛布団は打ち直しをして使用しますが、1万円もしない羽毛布団の中には打ち直しをするよりは、新しく一定のランクを持った物に買い替える方が良い場合があります。羽毛布団の打ち直しも各社様々ですが、シングルサイズで最低でも19,300円位掛かります。ランクがわからない、或いは安かった羽毛布団なら、打ち直しをするよりもランクの良い羽毛布団を買いなおした方がお得でしょう。

打ち直しで羽毛布団をよみがえらせる

冬場にふかふかで気持ちよく、またあたたかいため、羽毛布団を使用している方は多いでしょう。昔は布団が嫁入り道具であったこともあるため、なかなか高価なものも多くあります。ただそんな高価な羽毛布団も、残念ながら永遠のものではありません。使うにつれてどんどんとへたってきてしまいます。
ボリュームがなくなり、へたってきた羽毛布団は見栄えもよくないですし、何よりあたたかさもなくなり機能的でなくなってきてしまいます。また頻繁に洗うものではないので、衛生面も気になります。せっかく買った羽毛布団、買い替えるのはなかなかの出費ですよね。そんな羽毛布団を新品同様によみがえらせることができるというのをご存知でしょうか。
その方法は羽毛布団のリフォームです。打ち直しという言い方もあります。昔は商店街等に布団屋があり、そこで打ち直しをしたことがある方もいるかもしれません。今でもそういったことを専門に行っている業者があるのです。買い替えるか、打ち直すか、どちらがお得なのか悩むこともあるでしょうから、そういった場合は一度お店に相談に行ってみてもいいかもしれません。打ち直しによって、あなたの大切な羽毛布団をきれいによみがえらせることができるかもしれません。

羽毛布団の打ち直しで柔らかさを取り戻す

ふんわりと軽い羽毛布団は、私達に快眠を与えてくれる価値あるパートナーです。心地いい睡眠を体験できることから、長期間にわたって使い続けている人も多いかもしれません。でも、使い続けた羽毛布団は、買ったときに比べるとふんわり感がなくなったと感じることはないでしょうか。中に入っている羽毛は長く使うとどうしてもへたってしまうため、次第に薄くなっていくのは仕方のないことなのです。
しかしこれにも解決法があります。羽毛布団の打ち直しをしてもらうことです。打ち直しとは、中の羽毛を取り出し、汚れを取り除いたり洗うことでふんわり感を復活させるというものです。場合によっては新たな羽毛を追加してくれることもあるため、布団から飛び出して減っている状態でも元の柔らかさを取り戻すことができます。
布団がへたってきた場合、新しいものへ買い換えるのも一つの方法です。とは言え元の価格が高い商品ですから、そう簡単には買い換えるわけにも行きません。打ち直しなら買い換えるよりも安い費用で新品時の状態を取り戻せますから、お財布に優しい方法と言えます。汚れが目立つ場合や、嫌な臭いがするようになった場合にもこの方法は役立ちます。快適な寝心地を再び取り戻すためにも、ぜひ試したい方法です。